最新情報

全国に支店網を持つ消費者金融業者を選べば

人気のある即日融資を行ってくれる消費者金融であれば、融資の審査をクリアすれば、その場でお金の借り入れができます。 即日融資をしてもらえるということはピンチの時には実に心強いですね。よくあるようなネットで掲示されている金利情報をお知らせするだけでなく、借入限度額との比較を行って、どの消費者金融が最...

好感を持てる消費者金融業者を見つけたら

口コミ情報で確認するべきは、サポート対応に関する情報です。 中堅の消費者金融会社のうちのいくつかは、はじめは貸すけれど、融資の追加ということになると態度を翻して、融資をしないという業者も実際にあるらしいです。いかに金利が安いと言えども、借り手の立場からすると最も低金利の消費者金融に融資を頼みたい...

消費者金融における審査とは

近頃耳にすることが多い即日融資とは、申込を行った当日中にその場でお金を貸し付けてもらう事ができるようになる制度です。 一番最初に消費者金融で借り受けをするのなら、無論、金融機関への申込をすることが必要不可欠になってきます。利用しやすい消費者金融については、口コミで選ぶのが適切な方法だと思いますが...

婚活のスタートはお金の価値観は大事

最近、30代で婚活する女性が増えているようです。 30代の女性は、自分の父親、母親世代からの影響が大きいです。 なので、専業主婦希望だったり、デートは男性のおごりという方もたくさんいます。 結婚相談所では、割り勘をすすめている業者もあるようです。 というのも、これからおつきあいするかどうかもわか...

銀行系の消費者金融業者は

銀行系の消費者金融業者は、できるだけ貸し出しが行えるようなそれぞれ特有のユニークな審査基準によって審査を実施するので、銀行カードでのローンが却下された方は、銀行の系統の消費者金融会社を試してみてください。 銀行の系列は審査の通過が難しく、安全な顧客を選定して貸し付けを行います。一方で審査があまり...

長男の就職が決まらず急きょ大学に行くことになりお金がないです

我が家の長男はずっと消防士希望でした。 ですから高卒で就職することしか親も考えていませんでした。学資保険も入っていませんでしたし親戚もみんな高卒ですのでまさか大学に行くことになるなんて夢にも思っていなかったのです。昨年秋に消防の試験がありました。一次試験は合格しましたが二次試験で落ちてしまったの...

お金に困った体験談

お金がなくて困った体験談があります。 まず、借金をしてしまい、その利息などで大変となってしまいまして、そして返済などに追われ生活が苦しくなってしまったことがあります。 借金をしてしまったのは家計が切羽つまっていたからですが、返せるめどが立たなくなり、その日から大変なことになってしまいました。今す...

無料でクレジットカード

我が家ではどうしてもお金が無いときが過去にありました。その時は私が一人目の子供を妊娠するための不妊治療で貯金のほとんどを使い果たしてしまったために、まったく使えるお金がなくなってしまいました。食費も抑えても抑えてもたりなくなり、子供が生まれてからは、おむつ代とミルク代などを引くと主人の給料を上回...

お金がないと試験に落ちる!お金の力で合格しよう

私はパチンコや競馬が大好きで、常に消費者金融から20~30万程度はリボ払い借金をしていました。そんな私に、ある日会社から資格試験を受験せよという指示が出ます。私の仕事では必須と言っていいものですが、合格は低く15%程度。合格できなければ、社内での居場所にすら関わると言われます。 私の同期も総出で取得に...

お金のない状態が続いています

私は現在お金のない状態が長い間続いています。というのも、それまでは会社員として働いていましたが、給料も高くありませんでしたからなかなか貯金などはできないままでした。しかし、そんな中リストラをされてしまって、再就職ができていないのです。失業保険を貰えていた時はよかったのですが、それも終わり今はかな...

連帯保証人を引き受けたことで苦しんでいます

借金に関して、連帯保証人になることだけは避けたいと思っていました。実際、友人・知人から依頼を受けても、連帯保証人や保証人になることは全て断ってきました。絶対に大丈夫だから、という言葉を誰もが口にしますが、そのような言葉は決して信用することができません。その時点では真意であったとしても、将来的に苦...

一家全員が介護離職をして突然貧乏になりました

我が家は両親と私の3人暮らしで3人とも別々に仕事をもっていました。 ところが私が38才のとき、母が脳卒中で倒れました。 心労から父も体を悪くして働けなくなり、私は2人の介護のために家にいなければならず、やむなく介護離職しました。 家族全員がいっぺんに職を失ったのです。 幸い、両親がともに65才を迎え...


このページの先頭へ